注目の記事 PICK UP!

バンドマンの収入と生活。収入源とはなにか!?

こんにちわ(⌒∇⌒)

たかちです!!

 

今日は、バンドマンとは実際にどれくらい稼いでいるのか??ご紹介します。

スポンサーリンク

バンドマンの収入

一般的に趣味の範囲から本格的にやっているバンドマンなど、多種多様なやり方でバンドをやっている人がいますが、その人たちの音楽家としての収入はほぼ0です。

僕も、最初アーティストとしての活動を始めたころには、CDを作ってとにかく売ろう!!という気持ちで作品を先に作ってみたのですが、なかなか売れず。。。

結果的に全て売れたけれど、それまでにかけた時間も苦労も半端ではありませんでした。笑

 

アーティストとしてもっとも収入がとれるのは、自分の作品が売れた時です。

ただし、作品を作るためにも経費がかかります。

 

CDを売るために必要な経費

素人が一つのちゃんとした作品を作るには、約12万円ほどかかります。(CDのプレス代を除く)

ここにCDのプレス代など含めると、売る前の下準備で20万円ほどかかります。

マスタリング、ジャケット製作まで全て、自分でやればプレス代こみで7万円ほどでできます。

 

ここから、初めて自分の作品を売り出す訳ですが、製作費以外にもCDの発送で代金引換などにすると発送一口あたり、250円ほど振替手数料で取られます。

 

 

CDで売り上げる目安

一作品で製作費が30万円ほどかかってしまえば、最低でも1人が100万円は売り上げなければ、うまみも何もありません。

バンドであれば、4人ほどのグループであれば、4人で400万円の売上となり、利益はザックリ360万円となります。(手数料もろもろで360万円です)

これで初めて一人当たりの収入として約90万円となります。

 

僕の場合は、1人で最低でも200万円は売り上げます。

また、バンドでもないので売り上げればそれだけ自分で自由に使えます。

1人で活動していく上で一番のうまみがここになります。

スポンサーリンク

バンドは稼げるのか??

ここは、音楽で収入をしっかり得たいか??それとも趣味の範囲で終わらせるかで大きく異なります。

僕のようにしっかり稼ぎたいと思えば、個人的なバンドだけでも一般的なサラリーマンの25歳の平均年収340万円以上は稼げます。

ただし、現代の音楽を売っていく商売は非常に厳しい世界です。

 

漠然とした、音楽で金持ちになる!!といった言葉を発する人が音楽でちゃんとした収入を持つのは、不可能です。

ちゃんとした戦略とやり方があって、初めて音楽で稼ぎ続けることができます。

 

バンドマンの実際の収入源

上記で説明したように、ほとんどの人は音楽で稼げていないため、音楽活動以外の仕事を掛け持ちして生計をたてています。

アルバイトから派遣、一般的なサラリーマンまで様々な人がいますが、多くの場合は派遣、もしくはバイトで食いつなぐ人が多いです。

ですから、SNS上でちゃんとしたアーティストとしての情報を発信している人も、あなたと同じように仕事をして、家に帰ったら音楽にいそしむ。

 

という生活を繰り返しています。

だから、モチベーションも上がりにくいし、さらにやる気も続きにくいのです。

また、いくら仕事を頑張っても、音楽業界の人は誰もほめてくれません。

 

ハッキリ言ってしまえば、ちゃんとした自分を売るための方法を知らなくては、稼いでいくことなどできないのです。

 

まとめ

以上が、バンドマンのリアルな収入実態です。

ただし、中には確かに稼いでいるバンドマンもいるのが事実です。

ただし、どのバンドがどれだけ稼いでいるのか??という話題は一般的には広まりませんし、その実態を知るためには、各アーティストから直接聞くしかありません。

 

今の時代は、多くの苦悩があって活動しているのが現実のようです。

もしも彼氏や彼女がバンドで食っていく!!

という夢を持っているならば、それは夢なのか??それとも何となくの憧れなのか??ちゃんと確認しておいたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. バンドマンの彼女はファンなの!?業界の秘密を教えます。笑

  2. 他人と比べてばかりいませんか??

  3. CDを売ることが出来ない人たちへ。

  4. 日曜日を有効に使えないと、飢えますよ??

  5. CDが売れないのは時代のせいなのか??

  6. 仕事と音楽の両立(2017年Ver)

  7. 2017年なぜCDが売れないのか??

  8. 今の生活に満足していませんか??

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP