注目の記事 PICK UP!

バンドマンの彼女はファンなの!?業界の秘密を教えます。笑

こんにちわ(⌒∇⌒)

たかちです♪

 

今回は、ファンの皆様なら絶対に知りたいバンドマンの彼女についてご紹介します。

スポンサーリンク

バンドマンの彼女は本当にファン!?

これはバンドマンにもよりますが、たいていの場合は、同じバンドメンバーか、他のバンドの女性、もしくは高校、大学時代に知り合った女の人が多いです。

ファンと付き合っているバンドマンは、駆け出しのバンドマンくらいですね。笑

実際のところ、バンドマンってその人の音楽性しだいで付き合う女性が変わっていく傾向があります。

 

本当に一途な人であれば、どちらかというと、地元の高校時代、大学時代、仕事先で知り合った女性と付き合う場合が多いです。

J-POPなどで売れ線路線で突き進んでとにかく、有名になりたくてアーティストになっているタイプは、ファンとも容赦なく付き合っています。笑

 

ファンと長く付き合っていくのは可能なのか??

これは色々なバンド仲間とその関係者を見てきた傾向からですが、ファンと長く付き合っている人は本当に稀です。笑

なぜかというと、付き合ったきっかけが外見から入っている場合が多いのと、住んでいる場所の関係からです。

いくら見た目が好みでも他県の人とはなかなか会えないし、外見から入っている場合、性格の合わなさが結構影響しています。

 

という訳で、バンドマンがファンと付き合い続けていくのはなかなか稀である!!と断言しておきます。笑

もちろん中にはファンと意気投合して結婚まで行くアーティストもいます。

そういった人たちは、ファンという関係からお互いを精神的に支えあえる関係になっている人達が多いです。

 

バンドマンって収入や将来的なことについてはやはり不安が大きいですから、その不安を忘れさせてくれるような女性に結構依存しちゃうんですね。

 

バンドマンのデートスポットとは!?

街で彼女を連れて歩くのって、バンドマンからしたら結構怖い事なんですね。笑

街には自分の事をしっているファンもいるかもしれない。。

そうなればファンがへってしまう!!

 

 

という、なんともまぁ、皮肉な考えがやっぱりよぎってしまうんですね。笑

そのため、車デートか宅デートという選択肢が増えてしまうんです。

街でもデートはできるっちゃできるんですが。。

 

どうしても人目を気にしてしまいます。笑

これは有名であればあるほどそうなります。

僕の場合は、アーティストとしての顔と普段の顔はかなり大きく使い分けてたので、容赦なく街でもデートできていました。

 

ですが、アーティストとしての顔で外出すると、やはり街を歩くと必ず知っている顔とは5人以上とは出会ってしまいます。笑

そうなると、もう。。いろいろ面倒なので、街デートは必ずサングラス常備か使い分けた顔で出歩いていました。

という訳でバンドマンって有名になればなるほどにデートスポットって限られてくるんです。

スポンサーリンク

バンドマンってちゃらいの!?

えーとですが。。

やっぱりチャラい人って多いのは事実ですね。笑

どうしても有名になるとそれと一緒に、かわいい子をつれて歩きたいって欲も大きくなりますから。

 

ですから、バンドマンで人から認められたい欲がある意識が高い人ほど、見た目にこだわった彼女を作ります。

それと、県外でライブを沢山するバンドマンも注意する必要があります。

県外であれば、彼女がいたとしてもライブをしてるから!!という理由をつけて他の女の子と遊んでる人は結構多いです。笑

 

まとめ

バンドマンの彼女はかならずファンである!!ということはほぼありません。笑

一度カップルという関係になったとしても、それが長続きすることってほとんどありません。

やはり、「バンドマンとしての憧れの顔」を前提に付き合ってしまうと、交流を深める内に色んなボロがでていきますからね。笑

 

そのため実際のところ、バンドマンがふられてしまうということも結構あります。

やはり、長く付き合っていくには、外見よりか毎日の生活がよりよい状態に保てる関係が必須です。

バンドマンであってもそれは同じです。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 2017年なぜCDが売れないのか??

  2. 音楽で集客するために一番大切なこと。

  3. LIVEの集客が嫌で仕方ない場合は!?

  4. バンドマンの収入と生活。収入源とはなにか!?

  5. 日曜日を有効に使えないと、飢えますよ??

  6. 他人と比べてばかりいませんか??

  7. バンドのCDが売れない理由。

  8. 仕事と音楽の両立(2017年Ver)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP