注目の記事 PICK UP!

LIVEの集客が嫌で仕方ない場合は!?

どうもたかちです。

バンドで活動していく上で必ずと言っていいほどに、みんなが嫌がることってありますよね??

 

そう。

 

ライブでの集客です。

スポンサーリンク

もともと憧れから入った人ってのは、どうしても、

「え??なんで演奏する自分たちがお客さんを呼ばなくちゃいけないの??」

「演奏する人がいるからライブハウスが成り立つんでしょ!?」

「むしろ、沢山のお客さんの前で演奏させてくれよ!!」

 

って不満を持っていることだと思います。

僕も音楽活動を始めたばかりの頃はそうでしたね。笑

 

こっちは、だれよりもスゴイ演奏をするんだから、とにかくいい時間をくれ!!

とう思っていました。笑

 

ですが。この考え方をしていいのは17歳までです。

18歳をすぎて音楽活動をしているならば、なおかつ、音楽で生計をたてていきたいのであれば、もっと世の中を知らなくてはなりません。

 

ライブハウスがなぜ成り立っているのかっていうとですが、そりゃもちろんのこと、出演者がいるからです。

まちがっちゃいけないのですが、ライブハウスは、演奏のうまいアーティストを取り扱うよりも、集客のできるアーティストをブッキングします。

そうしないと利益が出ませんからね。

 

となるとですが、必然的にライブハウスから呼ばれるアーティストとは、知名度のある人物、もしくは自分達の力で集客ができるアーティストを率先して呼ぶんですね。

そして、もちろんですが、いい時間をプレイさせるのも集客力があるアーティストになります。

僕は、17歳の頃はどうしても、この点が納得できなくて(笑)

 

だって、先輩に呼ばれていって初めてみた地元のアーティストと呼ばれる人たちの演奏がまぁ。。

ひどい。笑

聴くに堪えないレベルでした。笑

 

当時は、なんでこんな奴らが舞台に立てるのか不思議でなりませんでした。

ですが、自分のソロで活動していった結果、その舞台にたてていた理由がよくわかりました。

 

スポンサーリンク

 

僕はそのご、インディーズのレーベルから最年少でCDをリリースして、あるランキングで日本一を獲得した経験がありますが、もしあなたがインディーズ、メジャーといったグループでCDを全国リリースしたとしても、その一回だけで、有名になれるとは限りません。

そして、もう一つ釘を刺しておくと、メジャーのレーベルでCDをリリースできたとしても、完全に歩合なので、CDが売れなければ、来年の契約もないし、それ以上にメジャーで活躍する場合はあなたの音楽性は無視してやっていかなくてはなりません。

メジャーっていうのは、世の中のトレンドに基づいて作曲を行わなくてはならないからです。

 

メジャーと呼ばれるレーベルは、売れるモノを作らなくては、利益になりません。

そして、売れるモノというのは、必ず、一定の世の中のトレンドに合わせたものになっています。

だいたいの場合、CDをリリースする前にテーマがふられてきます。

メジャーレーベルに所属するアーティストってのは、そのお題に沿って、作曲をしていかなくてはならないんですね。

 

これから先、ちゃんと音楽で生計を立てていくためには、ゆめだけを追っても絶対に通用しません。

夢を追う前にちゃんと現実をみて、今日行動してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 日曜日を有効に使えないと、飢えますよ??

  2. CDが売れないのは時代のせいなのか??

  3. 今の生活に満足していませんか??

  4. バンドのCDが売れない理由。

  5. バンドマンの彼女はファンなの!?業界の秘密を教えます。笑

  6. 2017年なぜCDが売れないのか??

  7. 仕事と音楽の両立(2017年Ver)

  8. バンドの集客。正しい方法とは!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP