注目の記事 PICK UP!

同じ毎日を過ごすことにどんな未来があるのか??

こんにちにわ(^▽^)/!!

 

たかちです!!

今年もいよいよあと二日ですね。

僕の家の周りではすでに帰省ラッシュの影響か、ひとけがいつもに増して少なくなっています。

 

こういう日は、人生が最も大きく変わったある一年目を思い出します。

僕は、実際のところ、人と違った選択を選ぶ続けてきた結果、それ以上の価値のある物を手に入れることができました。

その人生のターニングポイントはどんなものだったか、ご紹介します。

スポンサーリンク

 

何もかもに絶望する毎日

ぶっちゃけて言いましょう。僕は大手企業を即やめた後、詳しく言うと辞めてから2年間の間です。

ずっと毎日が不安でした。

お金の周りは決して良くなかったし、音楽の活動もやってもやってもきりがなく、投資したと思っていた以上の金額も稼ぐことができずにずっとの負のループにはまっていました。

 

やはり大手企業って、ボーナスも太かったので、お金の使い方に関しても、身の丈以上の使い方をすることが多かったんですね。

その影響か、意識はしていたものの、貯金していた金額もわずか3か月で使い果たしてしまいました。

たったの3万円の家賃が払えずに、家賃は滞納していたし、真冬にガスが止められて電気ケトルで沸かしたお風呂に入ることもありました。

 

実家に家賃の未納のために、退出勧告と親への連絡があったこともありました。

実家は同じ町に住んでいる人は誰もが知るほどの、お金のない家だったので、家賃を立て替えてもらえることも出来ず、結局命の時間を使ってさらに働いて稼ぐという毎日を送っていました。

さらに同期の人たちがどうなっているのか想像すればするほどに、大きな不安に駆り立てられていましたね。笑

 

絶望の淵で得たもの

こんな絶望的な毎日を送っていたのですが、それから2年たったある日に、一冊の本を読んだことで人生は変わりました。

ある人から毎月10冊は本を読まなくてはならないと、教えをこうたので、毎月いたる沢山の本を読んでいたのが、ある日をきっかけにチャンスに変わりました。

本はたしかに沢山よんだほうがいいなと新ためて強く実感した日にもなりましたね♪

 

このきっかけとなった本は、当時毎日使えた唯一の時間の中で読んでいたので、読破するまで一週間はかかりましたね。

ですが、たったの2000円ちょっとの投資で遥かにそれ以上のものを得れたのは間違いありません。

スポンサーリンク

そして、金のない毎日をとおして、「親からもらえるものは、体だけであること」と「資本主義社会は完全に叔父、叔母の世代からトータルで引き継がれるもの」と「何をするにも自己責任であること」を特に強く実感して学びました。

通常、なんの頼る物もない人であれば、この絶望に暮れた毎日を送って、早々に夢をあきらめるでしょう。

僕の場合は特にそうでした。親からのサポートもないし、求人の情報にはいつも騙されていたし、音楽をするめに選んだ選択がいつの間にか、ぎりぎりの生計をたてる選択となっていました。

 

これでさえも、本当に正しい情報を得ることが出来ていれば、時間を消耗することもなく、音楽に集中することも出来ていたのかもしれません。

ぶっちゃけで言いますが、世の中の収入のレベルはどんな情報を得て、生かすか??ということで何もかもが決まります。

僕が派遣で働いていた時ですが、ある一年間働き上げた末に、3つ年下の子と休憩時間にした会話で衝撃をうけたのを今でも覚えています。

 

それはその子の時給が、僕よりも約400円近く高かったことです。

時給をしっかり意識して選んだはずの職場だったのに、それでさえも年下の子にはるかに400円もの差があったのです。

さらに話を進めていくと、おじいちゃんはある大手商社につとめ上げた挙句、政治ともかなり太いパイプをもっていること。

 

そして退職金で1億円以上をもらい、その資金を使い、ある土地を購入していたそうです。

さらにその子の親が土地を利用して、マンションを約6棟近く購入し、毎月のローンを払いきっても30万円は手取りで残る生活をしていたそうです。

そのため、その子はお金に困ることはなく、25歳になったら仕事を辞めて海外に行き、悠々自適な生活をおくる!!と断言していました。

 

ちなみにその子は、高卒レベルの学力しかないと感じさせる子でしたが、稼ぐ額は、しっかりと時給を意識していた僕よりも100万円から150万円は上でしたね。笑

ここまで、情報を制する者が勝つということを強く体験させられたきっかけはありませんでした。笑

フツーならば、「あ~やっぱ金持ちってクソだな」という感想しか持たないのでしょうが、僕は一切うらやましがることもそうなりたいと思うこともありませんでした。

 

逆に、本当に稼ぎたいのであれば、情報をいかに早く制することが大切なのか??

ということを強く実感できたために、焦りなど一切ありませんでした。

スポンサーリンク

同じ毎日を繰り返すことを辞めた

同じ毎日だけは絶対に繰り返すなよ!!と僕の師匠にもあたる人に口ずっぱく言われていたのですが、本当にその毎日が生んだ結果とは悲惨なものだと早い段階で気が付けました。

当時その言葉通りに生活をしてなかった人たちが結局どうなったかというと、たとえ経営者であったとしても、資金繰りと経営不順が災いして、倒産の危機にいたっている。という生の情報も教えてもらっていました。

 

僕も話は聞いていたけれど、いつの間にか「まぁいいか」という気持ちで流していた気がします。

どんなに仕事ができようとも、どんなに努力しようとも、どんなに頑張ろうともすべては、「どんな情報から行動するか?」が現代の資本主義の日本を生きていく最も大切な考え方です。

正しい選択は努力にも勝る。という言葉がありますが、まさにその通りです。

 

残念なことですが、資本主義の国に生まれたからには、同い年の子と比較ばかりしていても、もともとお金のない家に生まれた人は絶望するだけです。

ですが、その絶望でさえも、率先して学ぶことをしていけば、打開はできるのです。

最終的にですが、僕は大手企業に勤めていた同期が絶対に到達できないであろう年収を稼げるようになったし、あの時派遣で同じ職場で働いていた子から受けた衝撃から、さらに自分を成長させなくてはならないと気付かせてくれる大きなチャンスを得ました。

 

周りの言葉に左右されるのは簡単です。

ですが、周りの言葉が生むものは、さらなる負のループなのです。

だから、僕たちは常に自分と向き合って、他人が見つけることが出来ない、視点をもてるようにならなくてはなりません。

 

それだけが、唯一のお金のない人間が金持ちになるための条件です。

間違っても、他の情報に振り回されないようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. モチベーションが上がらない??その原因はあなたにありますが?笑

  2. 毎日をダラダラ。。やる気が出来ないそんな人へ。

  3. 毎日を大切にしないと・・・。

  4. 家での時間のスタートが最も大切。

  5. 何もかもやる気でカバーしようとすると??

  6. 休日を200%有効活用する方法

  7. モヤモヤした気分を解消する方法!!

  8. 辛い。辛い。幸い。誰かに助けてほしい時読んでください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP